2011年09月30日

【鉄拳TAG2】ファランの新技について。

・RLキックコンボキャンセル(RKLK6)

RLキックの2発目をキャンセルしてLフラに移行。
そのため右構え移行は除去されてる。
コンボにも組込むことが可能で

右アパ~RLKC~FKC~Fジャブ~ツーRフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド…

とかできます。
また、地上ヒットでの有利・不利などは調査中ですが、連携の基点にしてもおもしろいかもしれません。


・カクタスクラッカー(Rフラ中2RKRK)

逆ローハイ除去による下段~上段の新技。
見た目は1発目がバーチャのラウの追い討ち踏み付けみたいなモーションで2発目がファイヤークラッカーの上段部分。
上段のほうは1発目CHで連続ヒット。2発目ヒットすると受身不能なダウンを取れる。
ガードさせてのけぞらせて大幅な有利になるため、攻めを継続して連携を組むことが可能です。
画面中央で使うと若干距離が離れるものの、ライトサイドが横移動されずに届き、ヒールビスを出せばJS以外には安定できる選択肢にもなっています。
壁際での連携はBRよりプレッシャーをかけれるはずです。
技後は右構え。


・カクタスショット(Rフラ中2RKLK)

カクタスクラッカーの対になる下段中段の連携。
2発目がノーマルヒットでもダウンを奪え、壁やられ強を誘発できる。
1発目をBDで避けられても2発目をカウンター取れる場面もある。
壁際以外では距離も離れるので確反は受けにくく(ガードで-10F)、上段との二択をファジーすることはほぼ不可能。
技後は左構え。

カクタスクラッカーとカクタスショットの存在により、使い方によっては壁際の連携は今までよりも強化されるかもしれない。


・カッティングワイパー(3RKLK)

アホキック除去で新ホーミング~上段蹴りの派生が付いたものに変更になりました。
発生は14Fで連続ヒットし、ヒット時は5F有利となる。
ただし1発目ガードで普通にしゃがまれます。
連続ヒットだが、すかしを狙うならLプラだし使い勝手は微妙。
ヒット時の確認ができないため、確定反撃に使うことがメインとなる。


・フラミンゴフラッシングトライデント(Lフラ中9WKRK)

Lフラから9WKでフラトラを出すことが可能になりました(Rフラからは不可)
通常版と特に性能が変わっていないので、コンボに使ってあげるとバリエーションが増えて良い。
また、フラトラ同様1発止めの不利フレームが増えているため、1発止めを空中ヒットさせてからの拾いは不可能になっている。

コンボ例としては

・浮かせ~ツーLF~FKC~Fジャブ~ワンツーLフラ~Fフラトラ1発止め

とか可能。

・浮かせ~左移動~ツーLF~FKC~Fジャブ~ワンツーLフラ~Fフラトラ出し切り

が今のところ運びそう。マードック、ジャック、オーガ辺りは左移動しなくてもいけると思われる。

・浮かせ~~ツーLF~FKC~Fジャブ~ツーLフラ~Fジャブ~ワンツーLフラ~Fフラトラ1発止め

っていうのはフラトラが届かないので、コンボに組み込む目安にどうぞ。


microm at 16:19│Comments(0)TrackBack(0)ファラン | 鉄拳TAG2

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字