2010年03月08日

code name...『REVENGE』コンボ解説3

壁コンボ②+下段捌きからのコンボ①+壁割れ利用コンボ①

【18】Lプラ~左移動~ツーLフラ~FKC~Fジャブ~ツーRフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~左移動ステップイン~フラトラ出し切り~壁やられ中~RKチェーンソー

バウンド消費済みの基本となる壁コンボ。
運びコンボに使っているのは左に大きく軸をずらすことで、5刻み~バウンド後にフラトラ出し切りを当てることが可能です。
すべての運びの中でもっとも長い距離を運ぶことも可能なため、覚えておくと便利です。
バウンド消費済みの壁コンボの中でも安定なRKチェーンソーをチョイスしてあります。

【19】ライトヒール~カットローフラ~Fジャブ~バング~バウンド~リバースキック~壁やられ中~LP~左アパ~サイドRRK

バウンド消費済み壁コンボの中でも、通常の大きさ以上のキャラに入るコンボです。
バングでバウンドさせた場合の運びとして、リバースキックを使ってあります。
RKチェーンソーよりもダメージが高いので、通常以上のキャラに対しては狙っていきましょう。

【20】青ライ~RRKフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~D掛け蹴り~Fジャブ&バール~壁やられ中~LKコンボキャンセル~Fサイド出し切り

コンボ解説2で説明した準デカキャラ以上に入るバウンド消費済みの壁コンボ。
バウンド後はRRKフラ~Fジャブ&バールだとマードック、ジャック以外は入らないので、D掛け蹴りを使っています。
こちらもRKチェーンソーよりもダメージが高いものになっています。

【21】Lプラ~ツーLフラ~FKC~Fジャブ~ワンツーRフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~フラトラ出し切り~壁やられ中~LKコンボキャンセル~FサイドRRK

【21】の壁コンボの応用編。
LKコンボキャンセルから一瞬待ってサイド部分を補正切れで当てるコンボになっています。
また運びコンボに、6刻み~バウンドコンボを使っていますが、ポイントとなるのはコンボの高さ。
Lプラヒット後にできるだけ高い位置でツーLフラを開始し、FKC~Fジャブまで最速で。
そしてできるだけ、ワンツーRフラを伸ばしつつ、高い位置で当てることでハンティングヒールを当てるためのヒットバックの高さを確保しています。
また、通常キャラにも6刻み~ハンティングヒールは決めることもできますが、伸ばしハンティングヒールにしないといけなく、難易度は高いです。
6刻み~バウンドでも、フラトラ出し切りがジャック、マードックには安定して入ることもポイントです。

【22】Lプラ~ミクレ~バング~バウンド~セットアップ~ファイスト~壁やられ中~RRKフラ~Fジャブ~青ライ

右構えで壁やられ中にした場合のバウンド消費済みの壁コンボ。
ジャック、マードック、クマに対してはMDJ氏のやっていた、リバースキック~サイドRRKもありです。
簡単なものとしては、リバースキックコンボ2発止め~ヒールランス(補正切れ)を狙いましょう。

【23】下段捌き~左アパ~右掛け蹴り~Fジャブ~ヴォルカ出し切り~Rスカイボルト

全キャラに入る基本的な下段捌きのコンボ。
左アパ始動のため、応用が利きやすく、壁運びも簡単なため実用性は高い。

【24】下段捌き~右掛け~バックブロー~ツーLフラ~ジャブ~ワンツーRフラ~Rスカイボルト

下段捌き右掛け蹴り~バックブローを最速でつなげることでツーフラで拾うことが可能です。
運びコンボとしても使えますが応用が余り利かないので、実用性は【23】のコンボのほうが高いです。

【25】青ライ~RRK出し切り~ツーLフラ~Fジャブ~ツーRフラ~逆ワンツー~壁やられ中~リバースキックコンボ~壁割れ~ハンティングヒール~バウンド~回転踵

壁割れ利用の中でももっとも基本的なコンボです。
運び~壁やられ中の場合、壁割れ後にハンティングヒールでバウンドさせるほうがファランとしてはダメージ効率がいいので、壁やられ中~バウンドを狙わず直接壁を割りましょう。
理由は、壁割れ後にオーバーヘッドを当てた場合に投げ部分が発動しないため、バウンドを温存させたほうが、刻み数がどんなに増えても安定したダメージが取れるからです。

【26】ライトサイド~Fサイドキック~壁割れ~セットアップ~FKC~Fジャブ~ツーRフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~フラトラ出し切り~壁やられ中~ジャブ~左アパ~サイドRRK

地上で壁割れを起こした場合の基本となる壁割れ利用コンボ。
安定するのはセットアップ~FKC~Fジャブからの運びが応用も効いて使いやすいです。
このコンボの注目するポイントは壁やられ強の場合に壁当たり回数がカウントされていないものになっていることの裏づけになっているのがわかると思います。(壁やられ強で壁当たり数がカウントされた場合、ジャブ~左アパ~サイドRRKは入りません)
また、壁割れ誘発後はRRKフラ~フラチェン~FKCにすることも可能です。

microm at 11:02│Comments(0)TrackBack(0)ファラン | ファラン:コンボ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字