2009年04月22日

踵落としについて 中級編

初級編の続きです。
踵落としのことをある程度わかってるつもりの人はここから読みましょう。


【踵落としヒット時の行動】

踵落としはヒット時には+2有利で相手はしゃがみ状態となります。
状態については初級編に書きましたので、ここからは主な行動について書いていきます。

まずは、相手がどのように対応するのかをしっかり把握することが大事です。
ヒット後にBDすれば大抵の暴れ技をスカして右アパやプラズマで浮かせることが可能です。
攻めるだけでなく様子を見ることが相手の暴れを制御できるひとつの手段だと考えてください。

踵ヒット後によく目にするのは、しゃがパンによる暴れです。
これにより、その後の攻めを断ち切られますが、右移動やBDから浮かせることができれば、相手も出しにくくなるはずです。

●ヒット後の主力となる技

○Rジャブ(RP)
下記に記載

○チェーンソーヒールコンボ2発止め(RPRKフラ)

相手の立ち途中技やジャンステ技の暴れ(一部もぐり性能のあるものは別)、BDに対応している。攻めを継続する場合に使いましょう。
自キャラが2Pの場合には相手の奥移動にも2発目が左移動に強いため対応している。1P側の場合にも奥移動~入れ込みで技を振る場合にも2発目がひっかかる。
しゃがパンなどしゃがステの行動に弱い。

○生ロー

相手のしゃがパン、ジャンステでの暴れ以外に対応している選択肢。
しゃがませるためにも重要な行動のひとつです。

○プラズマブレード

自キャラが1P場合に相手のしゃがみ、奥移動つぶしに使える行動のひとつです。
相手のBDに弱いのは注意したい点のひとつ。

○カットロー一発止め

自キャラが2Pの場合に相手の奥移動、BDをつぶす手段のひとつです。
ガードされてもフラ移行で立ち途中技をフラビンタでつぶすことも可能。

○スクリューヒール

相手のしゃがみ、横移動つぶしとなるホーミング技。
アリサやザフィーナなどのBD性能が高くない相手には、BDに対して先端ガードさせることが可能になる。

最低でもこれくらいの選択肢を入れておくことが必要です。
これ以外にも中段の低リスクな浮かせ技である青ライや暴れ制御の左半月などひとつの技に偏らないように心がけましょう。


【攻めであり守りでもあるRジャブ】

踵ヒット後の主な行動として注目したいのが右構えのRジャブです。
注目する点としては最速で出すことで相手のBDを制御でき、有利を取る事が可能となっています。

相手からするとファランとの連携は避けたいところなので、無印6前まではBDに対する制御法が少なく、安定行動だったため、Rジャブひとつで制御できるとなると他の対処を考えなければなりません。

攻める場合にはここから連携を発展させたりするのがメインになります。
加えて、チェーンソーヒールコンボ2発止めなどを混ぜると連携にも幅を利かせることができます。
自キャラが2Pの場合には2発目が奥移動に引っかかるなど使い分けができると効果的です。

また、自キャラが1Pの場合であっても、奥移動から入れ込み浮かせなどを出す場合にも、チェンソーヒール2発目がカウンターで当たることが多いです。

まずは相手にBDをさせない読み合いをすることが大事です。

次に防御面の話になりますが、Rジャブをしゃがんだ場合に立ち途中の浮かせを当てることはきわめて難しく、奥移動からの浮かせ技も安定して浮かせることはむずかしいので、置き技としてまずは、Rジャブを出してみるといいでしょう。

フレーム的にも有利な状況でRジャブを出したとしてもカウンターで返されることもないため、ロウのしゃがパン~浮かせなども喰らうリスクはありません。

+2Fとはいえ、有利Fでの状況とリスクをしっかり考えることで、踵落としからRジャブを出すことの良さに気づくはずです。

踵ヒット後の行動がわからない人は、まずはRジャブを使うことからはじめてみてください。


【踵落としをガードされた場合の行動】

ガードされた場合は-4Fで右構えという状態になっています。
レバー後ろで左構えに戻る場合、しゃがみガードが出来ない

相手の中段を誘うためにもしゃがむことを始めましょう。
この場合の読み合いはいかに相手に10Fであるワンツーなどを打たせないための行動だと思ってください。

これは下段技を打たせにくくするための制御にもなるため、『しゃがみ見せる』ことが重要な要素になります。

下段を多様する相手にはギロチン(8WK)や、ジャンプステータスがあり、若干後ろへ下がるエスケープキック(7RK)も有効な手段になります。。

相手に中段を出しやすくさせることで、BDや横移動を使い相手の技をスカしやすくなることが狙いやすくなるのもひとつの狙いです。

また、ステップインから攻めてくる場合や発生の遅い中段(15F以上。主にライトゥーやホーミング技など)Rジャブや左半月など右構えからの発生の早い技で暴れることも可能です。

踵をガードされた時は焦らず、右構えの性能を理解しながら付き合うことでリスクを減らしリターンを求めることも可能です。

at 11:10│Comments(0)TrackBack(0)ファラン 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字