2009年03月26日

スクリューヒール

スクリューヒール(右構え中3LK)


【スクリューヒールとは?】

右構えからのファランの技の中でも特にリーチの長い中段ホーミング技。
発生が少し遅いものの、ガードされて-11F前後と不利となるが距離が離れるため、先端をガードさせることができれば確定反撃はほぼない。

ヒット時にはダウンを奪えて回転踵が確定する。(ただし先端過ぎると後転に届かない)

また壁際では自キャラの左側に壁があった場合には、ヒット後に距離が離れずカットロー拾いからのコンボが可能となる。
(ただし壁把握できることがある程度必要です)

相手の横移動を制限しつつ、できるだけ先端をガードさせれる条件で使うことが理想です。


【相手の動きを制限する使い方を】

技が右構えということもあり、中距離でいきなり出すことよりも連携に組み込むことが多くなる。

発生が若干遅いため、連携時の相手の暴れに弱い点は常に頭にいれておきたい。
そのため、ある程度相手の動きを把握して、横移動する場所を特定して使っていくのが好ましい。

右構え・Rフラからのジャブ後や、アリサなどのBD性能の高い一部のキャラを除いたキャラには、踵ヒット後に出すと相手のBDにも対応できる使い方も覚えておくと心強いです。
もちろん相手の暴れを制御した上で使っていける技となるので、暴れに対応した選択肢を用意しましょう。


【壁コン:ヒールビズ〆の起き攻めに】

壁コンをヒールビズ〆にした場合、相手の壁受身に対してスクリューヒールを出すと受身に重ねることが可能です。

この場合軸がずれて先端気味にヒットさせられるので、ガードされても確反も受けず、リスクの低い状態で使えます。
対となるモーションの似ているダブルスクリュー一発止めを混ぜて、二択をかけつつ、ライトサイドなどから連携で攻め込むといったことも可能です。

また、ワンランク上の使い方としては、技を重ねる時に相手の受身が時計回りなのか反時計回りなのかを把握して、時計回りの受身に対してスクリューヒール、反時計回りにはRプラズマを重ねることで二択のダメージ効率をあげることが可能です。(時計回り横転に対してスクリューヒールをヒットさせると、ファランの左側に壁がきていることが多いため)


【デカキャラ限定のワンポイント】

現在把握しているのは、ジャック・マードック・クマの3キャラだが、この3キャラに対して、横転にスクリューヒールをヒットさせることが可能です。
バウンド後の叩き付け後にヒールビズを逆時計横転して回避する場合にも対応でき、バウンド~回転踵〆後の後転にも対応できます。
その場立ちガードと寝っぱなしに対応できませんが、ヒールビズがその両方に対応できます。

単純に言えば、この3キャラに対してはヒールビズとスクリューヒールだけで二択をかけることが可能で寝っぱなしやその場立ちガードをさせる選択肢を持つことができるのは大きいです。

また中量級(注1)以上のキャラには壁コンボとして、壁やられ中~ハンティングヒール~RRKフラ~Fジャブ~スクリューヒールが可能。
単純な計算だが、他のものとダメージの高さを比べてみると

ヒールビズ:24<青ライ:27<<スクリューヒール:33

と、下手なコンボよりもダメージが高くなる。
(数値は100%のもの。補正切れの実際与えられるダメは85%かは未確認)
ヒールビズに関しては起き攻めという点もあり使い勝手も良いが、限定とはいえ、ダメージを取りたい場合はスクリューヒールを使っていきましょう。

(注1)中量級以上のキャラ:ミゲル、ボブ、アマキン、ドラグノフ、スティーブ、平八、ブライアン、マードック、キング、フェン、エディ、ポール、ジャック6、デビル、巌竜、ブルース、クマ&パンダ、仁 、ラース(new)



at 15:05│Comments(0)TrackBack(0)ファラン 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字