2012年10月03日

【アンリミ対応】ライトフラミンゴ主力技解説

レフトフラミンゴと対なるものがライトフラミンゴ。
技によってはレフトと性能が異なるものがあり、使い分けを把握することが大事。
レフトよりもより攻撃的な印象が強い。


【上段】

○クイックライトキックコンボ~ソード(6RK・RK)(NEW)
基本的にLフラの技と性能はいっしょ。
唯一の違いが技後に右構えとなる点ということを覚えておけば、コンボを落とすことはなくなります。
TAG2よりチェンジ技対応となっている。


【中段】

○フラミンゴライトサイドキック(RK)
Lフラとの大きな違いはノーマルヒットで相手をダウンさせることができる。
壁際では壁やられ強を誘発できるため使う人も多い。
右移動に弱いため、わかってる人にはすかしのポイントにもなる。
CH時は回復可能よろけを誘発でき、回復されなければコンボへ移行できる。


○ファイヤーストームライト(6LK・RK)(NEW)
Lフラとの違いは技後の構えが逆になっていること。
また1発止めでもこちらは左構えとなり、ファイストレフトは右構えとなることを覚えておくと次の行動が動きやすい。
刻みの少ないTAに使えば高ダメージを奪うことが可能。


○フラミンゴライトヒール(3RK)(NEW)

Lフラとの違いはノーマルヒット時に相手をダウンさせることができ、コンボに移行することが可能。鉄拳6からはヴォルカでは拾い起こせないため、カットローからコンボへ移行すること。
カットロー拾いは一部のコンボができなくなっているため注意が必要です。
カットローで拾うよりも判定の強くなったステップインRK~ワンツーF・・・を使ったコンボを狙うのが理想です。

カウンターヒット時のみ拾いなおせる技が増えるが、無理に使うことはないです。
相手の右移動に弱いのも覚えておくこと。
また、レフトヒールと同様、TAG2よりバウンド技に対応となっているのでコンボバリエーションは増えた。


○レフトヒールランス(4LK)

鉄拳6から性能が変わった技の一つ。今回からはヒット時に通常浮かせの状態となったため、普通にコンボを入れることができるようになった。
相手の右移動に強い点も含めて使い方次第では、使い勝手のいい技となっている。
不利フレームが大きく浮かされるため多様は禁物。
アンリミテッドよりTC対応技に。
空中ヒット時の挙動も高速縦回転やられに変更されたため、相方キャラによってはコンボが伸びます。

○ライトスカイボルト(4RK)(NEW)

レフトとの違いは技後に左構えになること。
こちらもTAG2よりホーミング性能が追加された。
個人的には技後が左構えのため、ディフェンス面でレフトよりも使いやすく、左構え~Rフラ~スカイボルトなんていうのを中距離で横移動制御に使ったりしています。


【下段】


○フラミンゴレフトスイープ(1LK)

ライトスイープと性能は同じです。


○フラミンゴライトスライサー(1RK)

これもレフトスライサーと同じ性能。

*カクタスクラッカー・カクタスショットについては別記事に記載予定。

at 10:49│Comments(0)TrackBack(0)ファラン | 鉄拳TAG2

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字