2012年10月03日

【アンリミ対応】レフトフラミンゴ主力技解説

レフトフラミンゴは左構えに似た技が多く、重たい攻撃が少ないものが多い。
全体的に横に弱い技が多く、横移動制御がどれだけできるかが鍵になる。
それぞれに強い技を理解し、相手に二択をかけられていないという意識を失くすのが重要になる。
ここでは主にレフトフラミンゴにのみにある主力技を解説します。


【上段】

○クイックレフトキックコンボ~ソード(6LK・LK)(NEW)
レフトフラミンゴの中では最速、おそらく10Fの上段技。
新技として派生に上段の浮かせ技が追加され、初段カウンターで連続ヒット。
狙いどころのひとつを上げるとイラプション出し切りをガードさせた後など相手の暴れたくなるポイントで使うのがいい。
暴れを制御できることに加え、横移動にも多少強く、ガードやヒット後に距離が離れないという点も見逃せない。
反面しゃがぱん暴れなどの下段に弱い。
TAG2ではチェンジ対応技になっている。

【中段】

○フラミンゴサイドキック~LF(LK6)
LKCやFKCと呼ばれている14Fの中段の蹴り。
コンボに組み込むことが基本となっているが、連携中の固めなどにも使われる。注意すべきは横に弱いので、ビンタやレフトスカイボルトなどを混ぜ横移動制御をすることも大事。
別記事にて追記事項あり。


○ファイヤーストームレフト(6RK・LK)(NEW)
中段上段の蹴り技。連携では1発止めをたまに混ぜると相手の右移動を制御することが可能。現時点では、コンボに使うことがメインになる。
補足事項として、1発目がCHで2発目が連続ヒットとなる。
パートナー時は刻みの少ない状態でのTAに組み込むのがTAG2でのオススメ。
(TA発動~Lフラ~ファイストなら4刻みくらいまでいける)


○レフトヒール(3LK)(NEW)
中段の踵落とし。相手のしゃがみ状態に当たるとのけぞり状態となり、フラトラ・セットアップなどが確定する。
CH時はダウンを奪うことができ、ハンティングヒールが確定となる。
相手の横移動に弱いという点もあるが、BRからはガードされても±0と使える場面は多い。
また、TAG2よりバウンド技にもなったのでコンボに組み込む機会が増えた


○レフトスカイボルト(4Lk)(NEW)
リーチの長く、TAG2からはホーミング性能を持つようになった中段の飛び横蹴り。
発生がそこまで早くないので有利じゃない場合に出してもしゃがパンなどにジャンプステータスが間に合わない。
主に相手の横移動制御のために使われるが、技後は右構えのため、レバー後ろで遅い下段をガードすることができないのが痛い。
ガードされても-10フレとそこそこ優秀。
またガードされた時の状況で不利が多少変化する模様。


○コンバートミドル(4RK)
中段の掛け蹴り出し切りの2発目に出る蹴りを単発で出したもの。
横にそこそこ強く、カウンターヒットで相手に尻餅状態となる。


○スイッチプラズマブレード(9RK)
Lフラからの中段浮かせ技だが、発生が遅く横移動Lフラからスカしで出すには使い勝手が悪い。
攻撃判定の出る直前にジャンプステータスが出るが、そこを狙って相手の下段をスカすなどはまずできない。
主な使い道は、固まる相手に連携のアクセントとして使うのがポイントとなる。


【下段】

○フラミンゴレフトローハイ(2LKRK)(NEW)
スマッシュローハイと一緒で連続ヒットになっています。
性能部分はスマッシュローハイを参照


○フラミンゴレフトスライサー(1LK)
発生そこそこのしゃがみステータスのついた下段技。
ヒットしても有利ではないため、仕切りなおしになることが多い。
現状では最後の削りやアクセントにたまに使う程度。
スライサーヒット後は生ローを出すのも効果的になっている。
またローハイの判定弱体化により、横移動制御はスライサーに頼る場面も出てくるので、前よりも使用頻度は増えるはずです。


○フラミンゴライトスイープ(2RK)(NEW)
相手を転ばせられる下段技。
TAG2からヒットさせても背面状態になるため、カットロー・ヴォルカ拾いができなくなった。
発生の早くなったバーストヒールを使うことで直バウンドさせることは可能。
ダメージを取りたい場合はバーストヒールにTAを入れて調整しましょう。

発生が遅いので相手の上段や横移動に合わせる使い方がメインとなる。
ガードされると大幅な不利にもなるためリスクは大きい。
相手にガードされないように上手く使うことがポイントになる。

○コンバートロー(1RK)
ヒット時は+1とリターンを余り望めないが、技後は右構えになり、踵ヒット後と状況に似ているので、ヒット時はRジャブを基点に攻めましょう。
また、CHでダウンを奪え、ハンティングヒールなどで追撃可能ですが、コンバートロー事態にしゃがステもないため、狙ってCHできることはないです。
Lフラから足を切り替えて下段を打つため発生は若干遅く、コンバートミドルと対なる選択肢にも見えるが、どちらかといえばスイッチプラズマブレードのほうがモーション似ている。

*フラミンゴフラトラは別記事に記載予定。

at 10:47│Comments(0)TrackBack(0)ファラン | 鉄拳TAG2

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字