2012年10月03日

【アンリミ対応】左構え下段主力技解説

●スマッシュローハイ(2LK・RK)(NEW)
下段~上段の連携だが、TAG2から初段ヒットで連続ヒットに変更されました。
ヒット後はライトヒールを出すと割られることもなく、横移動も不可能です。(ラースのトリガーなど、潜る系の技にも負けることはありません。
連携での主軸となる技だけに慣れ親しんだ人が多いはず。
初段ガードで2発目をそのまましゃがんで浮かせ技を当てるのが対処法ですが、反応が遅れるのはもちろんですが、発生が遅かったり潜り性能がないものに対してはRフラビンタでCHを狙えるキャラもいます。
また、ガードされた場合の選択肢として3発目まで出し切るいうのもありますが、TAG2においては出し切りヒット時のやられが変更され、ノーマルヒットでダウンを奪えず、CHでもハンティングヒールの確定しない受身可能な吹っ飛びに変更されています(3発目がCHの場合は壁やられ強は誘発される)
また、アンリミテッドより1発目のホーミング性能が落ちており、横移動される場面などが増えているので注意が必要です。

●スイープキック(1LK)(NEW)
主力の下段。しゃがみステータス付きでリーチも長いので近~中距離では使っていける技。ガードされるとカズヤ相手には手痛い反撃を受けるので注意が必要だが、それでも切り込んでいく上では使っていけるものになっている。。
右横歩きに弱いという弱点もあるが、そこまで気にするものではない。
BRからヒット時の有利フレームが減少し、ワンツー暴れに踵が勝つことができなくなった。
また、カウンター確認ができれば続けて踵落としが横移動できず、割り込むことも不可能になっている。
スイープキックヒット時にTAG2から発生と判定の強くなったバーストヒールを使えば安定して右移動を狩れるようになりました。

●カットロー(1RK・RK)(NEW)
下段の中でもリーチは短いが、相手の左移動に強い一面を持っている。
ただし鉄拳6になってヒットしてもしゃがめるようになってしまったため、1発止めかフラ移行することをおすすめします。
ガードされた時の硬直も減ったため、気軽に使っていけるようになった反面、カウンターヒット時にコンボにいけなくなったなどの弱体化も目立つので、使い方が大きく変化した。
ガード時にフラ移行した場合は、相手のトゥースマをフラビンタで強引に浮かせることも可能だが多様は禁物。
基本的に一発止めかフラ移行するのが現状ベストな選択肢。

*コンボにおけるカットロー拾いからの注意点。
TAG2からカットローフラ~バックブロー~フラトラ一発止め~オーバーヘッドorカットロー出し切りのコンボが不可能になったため、できるだけFジャブで拾うようにしましょう。
また、Fジャブが届かない状況では
・カットローフラ~バックブロー~直TA発動技(WP+Tボタン)~・・・
というコンボは可能です。



●クレイモア(横移動RK)(NEW)
横移動から出せる下段。発生は若干遅く、リーチが短いもののヒットさせれば有利が取れて、攻めを継続することが可能。ガードされても手痛い反撃は受けないので近距離戦での主力となっていく。
またカウンターヒットのやられがTAG2より変更になり、近距離CHでないとヴォルカで拾いにくくなりました。

*除去された技
生ロー(2WK)


at 10:45│Comments(0)TrackBack(0)ファラン | 鉄拳TAG2

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字