2011年02月

2011年02月21日

AOUショーロケテレポ

お久しぶりです。

先日のAOUショーに行って来たのでファランについてのレポを書きたいと思います。

○システム
・タッグアサルト
LPRPチェンジボタン同時押しのはちゃんとやってないから不明。
バウンド技に対応したものは基本的にタッグアサルトが使える感じ。
見た目はバウンドというよりもチョッピングCH時の高さをちょっと低くした感じになってるものを想像してもらえればと思います。

今回の段階ではタッグアサルトでヒットバックがキャンセルされるというか独自のものに変わるらしく、交代後に1発技を当てた時の状態はヒットバックがまるでなく、2発目移行からは通常の空中コンボとは違うヒットバックになっている。

仮説の話になるけど、タッグアサルトで最初に当てる攻撃のみヒットバックが無い状態に今はなってるかもしれない。

例:5刻み~ハンティングヒール~バウンド交代~左アパ(パートナーキャラ)~オーバーヘッド

↑のコンボは左アパ後のヒットバック見てもステップインせずにオーバーヘッドが入る感じ。

また、ファランをパートナーキャラにした場合の安定コンボは、
RKチェーンソー、鷹狩、エアファングなんかがダメージ高くて使いやすい。

壁当たり回数制限はBRと一緒。

*以下ファランのことになりますが、技名などはカクタスクラッカー以外は仮のものとさせてもらいます。

○ファラン
・RLキックフェイントフラ移行(RKLK6)

RLキックの2発目をキャンセルしてLフラに移行。
そのため右構え移行は除去されてるみたい
コンボにも組込むことが可能で
右アパ~RLKC~FKC~Fジャブ~ツーRフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド…

とか可能。
連携にも使っていける感じではあったのでバリエーションが増えると思うので選択肢の一部として頭の中に入れておくといいかも。

・カクタスクラッカー(新逆ローハイ)&逆ローミドル(Rフラ中2RKRK・RKLK)
見た目は1発目がバーチャのラウの追い討ち踏み付けみたいなモーションで2発目がファイヤークラッカーの上段部分。
上段のほうは2発目ヒットするとスクリューヒールのようなやられ。
簡単にいえば逆ローハイが除去されて下段から上段か中段の二択をかけることができる。上段はガードさせて距離離れる感じで、中段はノーマルヒットで壁強取れるもののガードされればきっちり確反がある仕様になってる。
使い勝手は正直微妙。

・新ホーミング(3RK)
アホキックがホーミングに変化。
発生速そう出しCHでダウンを奪えるけどミクレよりもリーチ短いし、CH後の追い討ちはおそらく無理?(入っても回転踵程度)
ミクレのほうが使い勝手がいい。

・踵落とし
これは俺の体感の話なんだけど・・・
壁コンボでバウンド~RRKフラ~Fジャブ~踵落としがすごいやりやすかった。
横には相変わらずペラペラっぽいけど縦に関しては鉄拳5並の判定っぽい。
ロウの寝っぱなしか横転に対して踵一発目が補正で当たって2発目まで連続ヒットするのは一回確認済み。
たぶん、他のトゥースマと判定合わせたのかもしれないけど、今のままだと壁際の寝っぱなし否定できちゃうかもしれんし修正対象になりそう。

・トリプルスピンキック
除去されてミクレ出そうとして化けることがなくなった。


今回は開発状況が20%(原田氏のツイッターでは50%と書いてある)ということもあり、フレームなどは細かくチェックしていません。
他の人の報告だとLプラが-13になってるなどの調整もあったみたいですが、そのあたりは次回の開発状況を見て調べたいと思っています。

microm at 12:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ファラン | 鉄拳TAG2