2010年03月

2010年03月10日

code name...『REVENGE』あとがき

コンボ動画制作班

コンボ提供者
・みくろむ
・なかちー
・ぴでくん
・ヤハル
・ニシヤン
・ニア
・とど
・たけしん

コンボ動画演出担当
・みくろむ(構成など)
・なかちー(構成など)
・ウソップ(編集など)
・ZERO(編集など)
・氷輪丸(編集など)

録画用プレイヤー
・みくろむ
・なかちー
・ぴでくん
・田中隊長
・ざき
・BLAZE

音楽担当
・DJ.KO

画伯
・はなぽ

すぺしゃるさんくす
・ミスター
・りゅう
・うぃろう

以上のメンバーで今回のコンボ動画は・・・まぁ最終的にはZEROさんと2人でやりましたが、このスタッフいたからこそ出来上がったものです^^
関係者、本当にお疲れ様でした^^
中には何もしてねーよwwとか言う人いるかもしんないけどwww

さて、今回のcode name...『REVENGE』全体の話を。
今回は家庭用での録画ってことでしたので、ファランのストーリーに沿った形のものを作りたいので、5のEDを最初に持ってきて、鉄拳6家庭用のファランのオープニングを持ってきたわけです。
中盤に出てくる6のエンディングはどちらかといえば、デビルに対しての恐怖心がまだあるって感じだが・・・っていう感じに捕らえてくださいw
後アザゼルの玉を足で踏み砕くシーンはZEROさんの趣味っす^^

ストーリーに近い形で音楽決めようと思ってぱっと思い浮かんだのが今回オープニングから最初使ってる曲が思い浮かんだわけです。
曲名も『REVENGE』なので、まぁ今回の頭につけた『REVENGE』は一応仁に対してのものと曲名を掛けたっていう話です。

もう一曲に続く『焔の如く』っていう曲は、元々『REVENGE』よりも以前からあった曲なんですが、アルバムの中でも『REVENGE』→『焔の如く』っていう風にそのまま続く曲でもあります。
一応これも歌詞に『己を超えてゆけ』なんてフレーズ含まれてるんで、まぁファランっぽいかなと。


構成と音楽はそんな感じで付けました^^

music:surface『REVENGE』『焔の如く』

後はニコニコのコメントでもエフェクト変につけるなとか言ってましたけど・・・。
別につけたくてつけたわけじゃないです^^

今回は音楽に多少合わせた形で作ってたので(ホントは完全に合わせたかったけど)、その音の出てくる場面に合わせるための尺調整だと思ってください。
他の人はエフェクトをカッコイイからとかそんな理由かもしんないですが、基本的にそんなもんで僕は作ったつもりはないです。

気づいた人いるかわかんないけど、1'50''くらいのところにコンボ終わった直後に飛行機飛んでくるところがあるんですが、そこにも音楽の効果音に合わせて出てくるように前の方を調節したりしたわけです。

まぁこの飛行機飛んできたのは、録画終わってからZEROさんが気づいたことで、せっかくだから含めちゃおうwwとかでやっただけですがw

尺が足りないかもしれないから、オープニングもしかり、どうやってAメロからコンボ動画スタートさせるかが、ポイントだったのであんな感じになっています。

そして、今回のコンボ構成なんですが、基本的に同じコンボは使わないで置くことかつ、実戦に不向きすぎなものは控えること。
この二つを念頭に置きつつ、前作のコンボ動画から変わったことをベースに基本を上手く使ってアクセントで小ネタを増やしてあります。
一見普通に見えるコンボの中にも、刻み数増やしたりとか実戦でもある程度ありえる状況からのコンボを混ぜたつもりです。

後半のほうは限定コンボ多いですが、あくまでまだ狙えそうなものをチョイスしつつ、発展系はまだあるってことを読み取れるようにしたつもりです。
基本的に僕のコンボ動画見て、ただ『すげーっ』て終わるんじゃなくて、『このコンボ入るんだったら・・・こういうコンボもできそう』って思ってくれたら、大成功だと思ってるんでw

それと、理論的な要素をいろんなところに含んで入れてあるので、注目してもらいたいところです。
高さによるヒットバックの関係や、マードックとジャックはデカキャラだけどどういう違いがあって入るコンボが違うのかなどが関わってきてるので、その点では、別のキャラのコンボを伸ばすにも重要な要素であることを含んだつもりです。
そういった面では、別キャラ使ってる人でも楽しめるんじゃないかなと思います。

一度見ただけじゃ確認できないものもあるので、何回も見ると新しい発見があるかもしれません^^
そんな感じで、今回のコンボ動画にはそういった要素、知ってる限りの知識(理論)をまとめた集大成になっています。

コンボ理論に関しては後々ブログの記事にするつもりですし、裏づけとなる説明はコンボ動画を観てもらえれば確認することが可能なはず。

さて、次回作はどうするか決めてませんが、次作る時もコンボ理論に基づくもので作っていきたいですね。

microm at 10:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ファラン | ファラン:コンボ

2010年03月08日

code name...『REVENGE』コンボ解説5

壁コンボ?+壁無しコンボ?+壁割れ利用コンボ?+床割れコンボ

【38】ライトサイドCH~フラサイド~壁やられ強~BDリバースキック~壁やられ中~ハンティングヒール~バウンド~セットアップ~Fジャブ~LKコンボ出し切り

ジャック・クマ限定コンボその1。
ジャブの後にLKコンボが入るのはこの2キャラのみ。
(マードックにも入ったけど、安定がしないため却下に)
また、フラサイドで壁やられ強を取った場合にBDからのリバースキックは要練習。
タイミングさえつかめば安定するため、難易度は中程度です。


【39】プラズマ~セットアップ~サイド掛け~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~RRKフラ~Rスカイボルト

プラズマからのマードック限定コンボ。
偶然見つけたものですが、マードックにはセットアップ~サイド掛けの後にFジャブが届きますが、安定はしません。


【40】Lプラ~ツーLフラ~FKC~Fジャブ~ツーLフラ~ファイスト~壁やられ中~ハンティングヒール~バウンド~RRKフラ~バックブロー~サイドRRK

ジャック限定の壁コンボその2。今回のジャック限定の中でも難易度が一番低く、高ダメージになっています。
ジャックは上半身の判定が厚いため、バックブローからのサイドRRKが入ります。(クマにも可能)
RRK出し切り~サイドRRKよりもダメージが高いので、ジャックにはこちらを狙いましょう。
運びコンボにはファイスト〆を使い運びの中でもダメージの高いものになっています。
ファイスト〆を使う場合は正面~右に少し軸がずれると安定します。

また、未収録ですが、RRKフラからはFチェン~Fジャブ~LKコンボ出し切りというコンボもあり、こちらも高ダメージになっています。
(ただし、難易度はかなり高い)


【41】Lプラ~壁貼り付け~RKRK6RK~ハンティングヒール~バウンド~RRK出し切り~6LP~LKコンボ出し切り

Lプラでの壁貼り付けで、今回のジャック限定コンボの中でも最上級のダメージがでます。(難易度も高い)
LPの後をサイドRRKにすることも可能ですが、サイド部分は補正切れで当てる注意が必要です。


【42】ライトPK2発目CH~Lプラ~掛け蹴り~フラチェン~FKC~Fジャブ~ツーRフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~オーバーヘッド

左半月ではLプラが入りませんが、ライトPKの2発目をCHさせた場合、のけぞる距離が短いためLプラが安定して届きます。
ダメージも簡単に100を超えるため、狙えるところでは狙っていきたいコンボになります。
CHの狙いどころは今後の記事作成時に解説しようと思いますので、お待ちください^^


【43】ライトPK2発目CH~青ライ~RRK出し切り~ワンツーRフラ~ファイスト~壁やられ中~右掛け~バックブロー~サイドRRK~壁割れ~ハンティングヒール~バウンド~オーバーヘッド

壁割れ利用ジャック限定コンボの応用編。
その中でも対戦中にありえそうなものをチョイスしました。
ちなみに壁割れ後に壁が近い場合は、ハンティングヒール後にフラトラで壁に飛ばしてオーバーヘッドをするだけで、全消しが可能です。
ライトPK2発目CHからなら青ライを伸ばす必要もなく、対戦中も十分狙えるので、応用すれば全消しは簡単に可能なはずですので、いろいろ探してみてください^^


【44】ライトPK2発目CH~青ライ~RRK出し切り~ワンツーLフラ~ファイスト~壁やられ中~RRK出し切り~6LP~踵落とし~床割れ~フラトラ~RKコンボ出し切り。

床割れを利用したクマ限定の全消しコンボ(ダメ186)
ダイジェスト編ではRRKフラ~Fジャブにしてありますが、こっちが本命です(RRKフラ~Fジャブのほうはダメ180ジャスト)
対戦中に決めるのは条件が難しく、狙ってできるものではないので魅せコン用です^^

microm at 11:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ファラン | ファラン:コンボ

code name...『REVENGE』コンボ解説4

壁無しコンボ②+下段捌きコンボ②

【27】右アパ~サイド掛け~フラチェン~Fジャブ~RKチェーンソー~バウンド~オーバーヘッド

ダメージ73と右アパからのデスコン候補。
小さいキャラにも確認はしていますが、掛け部分のディレイとFジャブを当てるタイミングが難しく、難易度は最高クラスです。


【28】Lプラ~ミクレ~セットアップ~Fジャブ~ツーRフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~RRKフラ~Rスカイボルト

Lプラからの高ダメージコンボ。
左側に軸がずれていると入らないので、正面~若干右側に軸がずれている時に狙いましょう。
実用性としては、右掛け~フラチェン~FKCよりも劣ります。


【29】プラズマ~セットアップ~フラチェン~Fジャブ~RRKフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~RRKフラ~Rスカイボルト

右に軸がずれている時のプラズマからの高ダメージコンボ。
この場合プラズマ後にセットアップを最速で出すことで、Fジャブを当てても距離が離れず、その場からRRKを簡単に当てることが可能です。
浮かせからの初段の高さによってヒットバックが変化し、低い位置ほどゆっくり遠くへ、高い位置ほど早く近くに落ちてくる点に注目してください。
(生ライ~青ライから大ジャンプRK当てる時のタイミングでその違いがわかると思います)
高さを利用したヒットバック調整を使えば、今後伸びるコンボもたくさん出てくると思います。


【30】生ライ~RRKフラ~フラチェン~FKC~Fジャブ~RKチェーンソー~バウンド~オーバーヘッド

生ライからの高ダメージコンボ。
撮影時にカウンターを切るのを忘れて、ダメージが92と表示されていますが、実際は88です。


【31】生ライ~エアファング~掛け蹴り~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~RRKフラ~Rスカイボルト

生ライからエアファングをできるだけ高い位置で当てることで、掛け蹴りを当てることが可能です。
コンボダメージも高いので、覚えておくと便利です。
ただ、若干高さ調節が難しいので、難易度は中。


【32】右アパ~8LK~FKC~Fジャブ~RKチェーンソー~バウンド~オーバーヘッド

マードック限定の右アパからの現時点ではデスコン。(ダメ76)
FKC~Fジャブが繋がりにくく、難易度が高いので、魅せコンにしかなりません。


【33】青ライ~RRK出し切り~ローハイ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~RRKフラ~Rスカイボルト

青ライからのマードック限定コンボ。
MDJ氏の構えチェンジヴォルカと被っていたのでどうしようかと思いましたが、こちらのほうが簡単なので一応紹介。
ローハイをできるだけ近くで出すのがポイントで難易度も高いです。


【34】バウンド~回転踵~(相手のその場起き、後転に対して)フラトラ1発止め~しゃがパン立ちキャンセル(2LP6)~フラトラ1発止め~オーバーヘッド

マードック限定のバウンド後の回転踵からのその場起き用拾いコンボ。
しゃがパン立ちキャンセルにしたほうがその後のフラトラが出やすいので、こちらをオススメします。


【35】(相手の左側側面から)ファランクス~ローハイ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~鷹狩

右移動から相手の左側面にファランクスを当てると最速ローハイで拾えるマードック、ジャックの限定魅せコンボ。


【36】下段捌き~ミクレ~ヴォルカ1発止め~ツーLフラ~Fサイド掛け~スカイボルト

見た目よりも難易度の高い下段捌きからのコンボ。
デカキャラになるほど、安定するコンボになっています。


【37】下段捌き~RRKフラ~フラチェン~LKC~バックブロー~フラトラ~オーバーヘッド

下段捌きからのデスコン候補(ダメ54)
一応仁にも確認してますが、難易度が高く、撮影ではマードック相手に撮りました。


microm at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ファラン | ファラン:コンボ

code name...『REVENGE』コンボ解説3

壁コンボ②+下段捌きからのコンボ①+壁割れ利用コンボ①

【18】Lプラ~左移動~ツーLフラ~FKC~Fジャブ~ツーRフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~左移動ステップイン~フラトラ出し切り~壁やられ中~RKチェーンソー

バウンド消費済みの基本となる壁コンボ。
運びコンボに使っているのは左に大きく軸をずらすことで、5刻み~バウンド後にフラトラ出し切りを当てることが可能です。
すべての運びの中でもっとも長い距離を運ぶことも可能なため、覚えておくと便利です。
バウンド消費済みの壁コンボの中でも安定なRKチェーンソーをチョイスしてあります。

【19】ライトヒール~カットローフラ~Fジャブ~バング~バウンド~リバースキック~壁やられ中~LP~左アパ~サイドRRK

バウンド消費済み壁コンボの中でも、通常の大きさ以上のキャラに入るコンボです。
バングでバウンドさせた場合の運びとして、リバースキックを使ってあります。
RKチェーンソーよりもダメージが高いので、通常以上のキャラに対しては狙っていきましょう。

【20】青ライ~RRKフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~D掛け蹴り~Fジャブ&バール~壁やられ中~LKコンボキャンセル~Fサイド出し切り

コンボ解説2で説明した準デカキャラ以上に入るバウンド消費済みの壁コンボ。
バウンド後はRRKフラ~Fジャブ&バールだとマードック、ジャック以外は入らないので、D掛け蹴りを使っています。
こちらもRKチェーンソーよりもダメージが高いものになっています。

【21】Lプラ~ツーLフラ~FKC~Fジャブ~ワンツーRフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~フラトラ出し切り~壁やられ中~LKコンボキャンセル~FサイドRRK

【21】の壁コンボの応用編。
LKコンボキャンセルから一瞬待ってサイド部分を補正切れで当てるコンボになっています。
また運びコンボに、6刻み~バウンドコンボを使っていますが、ポイントとなるのはコンボの高さ。
Lプラヒット後にできるだけ高い位置でツーLフラを開始し、FKC~Fジャブまで最速で。
そしてできるだけ、ワンツーRフラを伸ばしつつ、高い位置で当てることでハンティングヒールを当てるためのヒットバックの高さを確保しています。
また、通常キャラにも6刻み~ハンティングヒールは決めることもできますが、伸ばしハンティングヒールにしないといけなく、難易度は高いです。
6刻み~バウンドでも、フラトラ出し切りがジャック、マードックには安定して入ることもポイントです。

【22】Lプラ~ミクレ~バング~バウンド~セットアップ~ファイスト~壁やられ中~RRKフラ~Fジャブ~青ライ

右構えで壁やられ中にした場合のバウンド消費済みの壁コンボ。
ジャック、マードック、クマに対してはMDJ氏のやっていた、リバースキック~サイドRRKもありです。
簡単なものとしては、リバースキックコンボ2発止め~ヒールランス(補正切れ)を狙いましょう。

【23】下段捌き~左アパ~右掛け蹴り~Fジャブ~ヴォルカ出し切り~Rスカイボルト

全キャラに入る基本的な下段捌きのコンボ。
左アパ始動のため、応用が利きやすく、壁運びも簡単なため実用性は高い。

【24】下段捌き~右掛け~バックブロー~ツーLフラ~ジャブ~ワンツーRフラ~Rスカイボルト

下段捌き右掛け蹴り~バックブローを最速でつなげることでツーフラで拾うことが可能です。
運びコンボとしても使えますが応用が余り利かないので、実用性は【23】のコンボのほうが高いです。

【25】青ライ~RRK出し切り~ツーLフラ~Fジャブ~ツーRフラ~逆ワンツー~壁やられ中~リバースキックコンボ~壁割れ~ハンティングヒール~バウンド~回転踵

壁割れ利用の中でももっとも基本的なコンボです。
運び~壁やられ中の場合、壁割れ後にハンティングヒールでバウンドさせるほうがファランとしてはダメージ効率がいいので、壁やられ中~バウンドを狙わず直接壁を割りましょう。
理由は、壁割れ後にオーバーヘッドを当てた場合に投げ部分が発動しないため、バウンドを温存させたほうが、刻み数がどんなに増えても安定したダメージが取れるからです。

【26】ライトサイド~Fサイドキック~壁割れ~セットアップ~FKC~Fジャブ~ツーRフラ~Fジャブ~ハンティングヒール~バウンド~フラトラ出し切り~壁やられ中~ジャブ~左アパ~サイドRRK

地上で壁割れを起こした場合の基本となる壁割れ利用コンボ。
安定するのはセットアップ~FKC~Fジャブからの運びが応用も効いて使いやすいです。
このコンボの注目するポイントは壁やられ強の場合に壁当たり回数がカウントされていないものになっていることの裏づけになっているのがわかると思います。(壁やられ強で壁当たり数がカウントされた場合、ジャブ~左アパ~サイドRRKは入りません)
また、壁割れ誘発後はRRKフラ~フラチェン~FKCにすることも可能です。

microm at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ファラン | ファラン:コンボ

code name...『REVENGE』コンボ解説2

○壁コンボ①

【9】Lプラ~右掛け~フラチェン~FKC~Fジャブ~ツーRフラ~ライトPK~壁やられ中~ハンティングヒール~バウンド~RRKフラ~Fジャブ~ヒールビス
【10】右アパ~ツーLフラ~FKC~Fジャブ~ツーRフラ~リバースキックコンボ2発止め~壁やられ中~ハンティングヒール~バウンド~RRKフラ~Fジャブ~フラトラ出し切り
【11】Lプラ~ミドルクレイモア~セットアップ~Fジャブ~ツーRフラ~Fジャブ&バール~壁やられ中~フライングネリチャギ~バウンド~RRKフラ~Fジャブ~スクリューヒール

バウンド温存~壁やられ中の基本となる壁コンボ3種類。
運びも3種類使ってあるので、それぞれ使い分け、さらに応用などをさせて壁やられ中を狙いましょう。
【11】のコンボはキャラ限定ですので、しっかり入るキャラを頭に入れておくと便利です。(RRKフラ~Fジャブ~青ライよりもダメージ上)

※スクリューヒールの当たる準デカキャラ以上のキャラ一覧。

ミゲル、ボブ、アマキン、ドラグノフ、スティーブ、平八、ブライアン、マードック、キング、フェン、エディ、ポール、ジャック6、デビル、巌竜、ブルース、クマ&パンダ、仁 、ラース

【12】プラズマ~ヴォルカ1発止め~ツーLフラ~Fジャブ~ツーRフラ~ライトPK~壁やられ中~バウンド~セットアップ~Fジャブ~ステップインサイドキック

プラズマからの安定かつ簡単な運びコンボ。
壁コンにはバウンドRRKではなく、構えチェンジ~セットアップを使用してます。
ダメージも高いので、RRK絡みが苦手な人は安定として頭に入れておくといいでしょう。

【13】Lプラ~ミクレ~セットアップ~Fジャブ~ワンツーRフラ~ジャブ&バール~壁やられ中~フライングネリチャギ~バウンド~RRK出し切り~サイドRRK

マードック、ジャック限定の刻み数を増やした運びコンボ。
左に軸がずれていない限り安定して入るので、この2人に当たった時は刻み数を増やしてダメージアップ+運び距離を伸ばしたい。
バウンド後の壁コンボはキング以上のデカキャラに安定するコンボになっています。

【14】右アパ~ツーLフラ~FKC~Fジャブ~ツーRフラ~F逆ワンツー~壁やられ中~RRKフラ~Fジャブ~バング~バウンド~RRKフラ~ランス

壁やられ中から直接RRKフラを狙う壁コンボの基本。
ダメージも高いので、距離調節できる人は【9】~【11】コンボと合わせて使い分けしましょう。

【15】Lプラ~壁貼り付け~RKRK6RK~RRKフラ~Fジャブ~バング~バウンド~セットアップ~サイドRRK

壁際でLプラを当てた場合に高い位置に貼り付けた場合に使うコンボ。
一定以上の高さの相手に壁コンを決めた場合に一定以下に落ちるまで、壁当たり数がカウントされずにコンボを決めることを利用しています。
無印6のデカキャラ限定で、前回コンボ動画の目玉コンボだった劣化版ですが、BRにおいても高ダメージ取れるコンボになっています。
ポイントとなるバウンド後のセットアップ~サイドRRKですが、サイド部分を補正切れで当てつつ、最速でRRKの部分を出さないと繋がりません。

【16】クレイモアCH~ヴォルカ1発止め~ツーLフラ~Fジャブ~ツーRフラ~Fジャブ&バール~壁やられ中~フライングネリチャギ~バウンド~RRKフラ~Fジャブ~セットアップ~サイドRRK

ジャック、クマ限定の高ダメージ壁コンボ。
クマに対してはバウンド後のRRKフラを掛け蹴りにすることが可能なので、バウンド消費済みもしくは、バウンド消費前の壁割れ利用に使うことが可能です。
Fジャブの後のセットアップを最速で出すことと【15】のコンボのサイドを補正切れで当てることがポイントになってます。

【17】Lプラ~壁貼り付け~RKRK6RK~ハンティングヒール~バウンド~RRK出し切り~左アパ~RKコンボ出し切り

クマ限定の壁やられ中~バウンドさせた場合の最大ダメージコンボ。
RRK出し切り~左アパ~RKコンボ出し切りまで最速でつなげることがポイントになっています。

microm at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ファラン | ファラン:コンボ