2010年12月01日

ローハイから考える、連携の組み方とアドバイス

連携を利用する一番のポイントは後の手に回すことができることです。

ファランの強さのひとつと言える連携。
組み方ひとつで相手の動きを制御し、完全に後の手に回すことができるのが、連携を組む上での利点となります。

最近のファラン情勢の中では、連携=リターンがないと言われているが、連携の組み方次第で補うことが可能です。

連携を組む時のポイントは、相手の行動を把握することにあります。
一番把握しやすいものの中では、ローハイがそのうちのひとつと言えるでしょう。

ローハイの特性のひとつとして、掛け蹴り部分をガードさせることができれば、大幅な有利フレームを取ることができるということです。

それに対してしゃがまれた時のリスクもありますが、まずはローハイのローの部分があくまでもヒットした場合のことから話を進めていきます。

ローハイの後に最初に出す技を上げるとすれば、逆ローハイがオススメです。

この後の相手の行動を見るためにも、まずはローハイと同じ特性をもつ、逆ローハイで相手の出方を見てください。

この時点での選択肢として覚えておきたいのは、相手の制御できる動きの中では横移動の選択肢をまず潰すことができ、ジャンプステータス以外の暴れに対して打ち勝つことができるのが、ローハイ~逆ローハイの強みです。

ここで見ておきたいのが、逆ローハイに対してしゃがみガードで対応してくるのか、下段捌きで対応してくるのか、ジャンプステータスで対応してくるかです。
前者二つに注目したいのが、似ているようで違う二つの選択肢です。
しゃがみガード選択の場合はファジーガードがしにくいため、ローハイの後のライトヒールがヒットさせやすく、下段捌きの場合はファジーガードしやすいため中段の選択肢が薄くなりやすいということです。

この二つの選択肢を潰すために必要となる選択肢は何もしない時間を作ることです。
一番使いやすいものとしてはフラチェンジを使うのがいいでしょう。

相手のガードや下段捌きのタイミングをずらすことはもちろん、当身系の技に対しても効果的です。
ここまでくると注意が必要なのは、ジャンプステータスや潜る系の技に対しての選択肢ですが、しゃがみや暴れ以外にも相手の右横移動にも対応できるヒールランスをオススメします。

ガードされた場合のリスクもありますが、相手の動きを制御するための『見せ』の要素になるので出さないことに相手にリスクを背負わせられないことを覚えてください。

技ひとつひとつでここまで説明してきましたが、あくまでも選択肢のひとつです。

連携を使うことでの最終的なポイントのひとつは

相手を行動をしゃがませることからはじめ、それに対しての中段を十分警戒させてから下段で攻める。

下段のリスクが高いから連携を組まなくなるのではなく、相手がリターンを狙えると思うところをこちらのリターンに変えることこそ連携と上手く付き合うためのポイントです。

次回も連携の組み方のアドバイスに続きますが、今度はLフラになった場合の話を中心に連携の話をしていきます。


あとがき

あくまでも、選択肢のひとつなのでここまますべてをやれば良いというわけじゃないことはご了承下さい。
下段を生かすための選択肢として、下段を見せずに中段を打っても機能しませんし、中段を打たずに下段に偏っても機能しないのがファランの連携です。
大体、3部か4部構成くらいで最終的な連携についての話を上手くまとめるつもりですので、宜しくお願いします。

microm at 11:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ファラン | ファラン:立ち回り

2010年11月27日

雑記

お久しぶりです。

コメント返してなくてすいません。というか今さっき気づきましたorz
livedoorブログはこの辺りが使いにくくて困る・・・。

質問等はコメでも残してもらえれば、後でちゃんと書いておきますね。

ブログの更新のためにいろいろ思考錯誤したり、今後の方針なんかも考えてますが、できるだけわかりやすい+コンボダメをしっかり表記して数字で表すことや、動画環境がどうなるかによりますがその辺も考慮しつつやっていきたいですね。

といっても、正直そこまで書ける記事なんていうものはこれ以上は余り無いです。

今までのみくろむさん家の技解説なんかで書きたいことは出し尽くした感じです。
その中でも良く聞かれたり、わかりにくいっていうものを現在補足っぽい感じで作成中ですので、今しばらくお待ちください。

*現在進行中の記事予定のもの

○リバースキックコンボを使った壁高貼り付けの勧め。
↑記事は完成してるが家庭用によるコンボダメの調査中

○ライトPK2発目カウンターの出しどころと長所・短所。
↑PK2発目カウンターと左半月の違いの動画を撮るか撮らないかで迷い中

○連携の組み方のポイントと考え方。
一番わかりやすいものでローハイを主軸に考えてますが、納得のいくものがまだできてないので記事修正中。

上記2つは僕の主軸になってるものですが、どんな形に使うのがいいのかわからないって人多いんで書いてます。

この中でも連携の組み方は厄介なんですが、基本的に相手の動きに対応させて連携を組むのが効果的なんですがね。
最終的には常に二択を掛けてる形に持っていくことが理想なんですが、選択肢が少ないと相手にとってはカモにしかならないので、その辺りを分かりやすく書くつもりです。
今のところ3部構成くらいの量にはなりそうですが、その辺りは検討中です。

ついでにzexiにて書いた初心者講座の記事をこっちにも反映させるか迷ってますが、コメで要望あればUPします。

そんな感じで気長にやりますが、宜しくお願いします


microm at 15:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年11月01日

第3回ファランオフ動画その1

先日行われた第3回ファランオフの動画の一部がウソップさんのページにてアップされましたので、紹介します。

http://www.youtube.com/user/usop0001#grid/user/2CB088422C878BA7

その1となるものなんですが、今回初参加ののきなみ氏を中心とする動画になっております。

今回の目玉はのきなみVSミスターです。

静(守り)ののきなみ、動(攻め)のミスターと対象的な2人の動きに注目です!

microm at 13:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ファラン | 鉄拳